自分の好みにあった美味しい青汁の選び方

自分の好みにあった美味しい青汁の選び方

野菜不足を簡単に補うことができるとして人気の青汁には、さまざまなタイプが出ています。自分の好みにあったものを選ぶことで、美味しく積極的に青汁を飲むことができます。

 

まずは原料に注目しましょう。市販されている青汁は、ケールを主体としたものと、大麦若葉を主体としたものに二分されます。ケールはアブラナ科の野菜で、キャベツの原種に近いとされています。ビタミンやミネラルを多く含み、甘みが強く、濃厚な味わいが特徴です。また、メラトニンというアンチエイジング効果や免疫力強化に役立つとされてる成分が入っている点も人気の秘訣です。

 

葉物ならではの味が強く感じられるため、野菜が苦手な人にはやや敬遠される傾向にあります。大麦若葉はビタミン・ミネラルのほか、食物繊維が非常に多く含まれているのが特長です。味はあっさりしていて抹茶のような風味があり、野菜が苦手な人でも飲みやすいとされています。野菜の旨味を味わいながら美容や健康により強い効果を求めるならケール、手軽に野菜を補いながらお腹の調子を整えたいなら大麦若葉を選ぶと良いでしょう。

 

続けやすい青汁を選ぶには、その形状を選ぶことも大切です。ジュースを凍らせた冷凍パックや、水や牛乳で溶いて飲む粉末タイプ、そのまま飲める錠剤タイプなどが出ています。冷凍パックは新鮮な青汁がそのままパックされているため栄養素がそのまま生きていると人気を集めていますが、解凍の手間がかかる点がネックと言えます。粉末タイプは外出先にも手軽に持っていけるため、続けやすいのが魅力です。単に乾燥させて粉末化したものよりも、フリーズドライで凍結乾燥させて粉末化させたものの方が、より栄養価が高いとされています。錠剤は、いつでもどこでも飲めるうえ、野菜の味を感じずに摂取できるので、どうしても野菜が苦手という人におすすめです。

 

このほかにも、ふるさと青汁にさまざまな野菜やフルーツを混ぜてより飲みやすくしたものなどがあります。好みにあったものを選び、毎日続けることが大切です。個人的においしいなと感じて栄養価がたくさん入っているとおすすめできるのはふるさと青汁です。

 

甥っ子も喜んで飲んでいました^^

 

ふるさと青汁の本音の口コミ!効果の秘密とは?