幼少期の便秘に多いのが食事の内容のバランス

幼少期の便秘に多いのが食事の内容のバランス

 

これは幼児期のお子さんの場合に関しての便秘のあり方についてですが、この場合、やはり一番多いのが食事の内容のバランスによるものが大半であると考えられます。

 

幼少期初期あたりから、なるだけ好き嫌いや食べる量に関してのバランスを意識した食事内容を考えていく必要性があります。これ自体が成長期において大きな影響を与えたりする傾向もありますので、やはり慎重に考えていく必要があることは言うまでもありません。
.

まずは食事の量を考えていく

 

これはどうも、多くの親御さんに関して多いような感じがある傾向がありますが、好き嫌いをどうしても少なくさせたいなどと理由から、食事自体の食べる量をあまりにも多くしたりしてしまう家庭があるのが事実です。しかも、乳幼児期を過ぎて今から保育園などへ行くような育ち盛りでの年齢の時期であるといえますので、これがもとで消化不良に陥り便秘などの原因になったりする場合なども十分に有り得ますので、注意が必要といえます。

 

.幼少期ならではの体質を知っておく

 

やはり幼児期などといった大変幼い成長期段階での世代のお子さんの体質ですので、この事を親御さんがようく理解をしておく必要があります。そして、これは先程も少しだけ触れましたが、乳幼児期を過ぎたばかりで歯の生え変わりや好奇心などの心理面などにおいての心身両面でのちょうど発達期に入る時期でもありますので、当然青少年期や成人期の方に比べてみても食事の量なども少ないのは当然です。これに加えて、食べ物のメニューの内容を年齢相応に合わせながら考えていく必要があることは言うまでも無いといえます。

 

食事の具体的なあり方

 

これはメニューについて言える事かもしれませんが、やはり少ない量でありつつ、様々な種類の具がバランスよく入ったメニューにしていくことが大切です。そしてなるだけおやつなどをあまり与え過ぎたりしないような心掛けも、便秘を防ぐことにつながります。