ゴーヤの健康効果と栄養素についてまとめ

ゴーヤの健康効果と栄養素についてまとめ

沖縄県民でないとあまり馴染みがないゴーヤ。

 

でも、この野菜は健康効果が満点なのです。ここではゴーヤの健康効果と栄養素についてまとめました。

 

ビタミンC

 

ゴーヤはビタミンCが豊富です。なんとレモンのおよそ2倍から4倍と言われます。それにこのビタミンCは成分の中で珍しく加熱に強い性質を持っています。よく耳にするゴーヤチャンプルにしてもその栄養素がほとんど壊れる事がありません。

 

食物繊維

 

モモルディシンという成分がたくさん入っています。腸内環境を整える効果に加えて、コレストロール値を下げる作用もあります。食物線維はセロリのおよそ30倍です。

 

カルシウム

 

カルシウムというと牛乳と思う人も多いでしょうが、ゴーヤは牛乳の約1.4倍も含有されます。野菜にここまでたくさんカルシウムが入ってるのはあまり聞きませんよね。当然骨を強くする効果があります。

 

鉄分

 

貧血は女性が陥りやすい症状です。ゴーヤは貧血の予防にも効果的です。ホウレン草のおよそ2.3倍もの鉄分を含みます。

 

乾燥ゴーヤとは

 

ゴーヤを天日干しさせたものです。生のゴーヤ以上に栄養が高くなります。生ゴーヤと比較するとカルシウムが15倍、ビタミンCが10倍、鉄分が30倍です。

 

糖尿病を予防できる

 

豊富に入っている食物繊維に血糖値を下げる作用があります。このような理由から糖尿病に効果があると言われています。

 

夏バテに効果

 

これから夏がやって来ます。そこで心配なのは夏バテですね。ゴーヤは水分含有量が多いですから、体を冷やす効果があります。夏などの暑い時期にゴーヤを食べる事で、ゴーヤで体を冷やしながら、低下した食欲も少しでも回復させる効果が期待できます。

 

美肌効果

 

ゴーヤにたくさん入っているビタミンCは美容に不可欠な栄養素である事は女性なら知っていますね。美白や美肌に効果がある事はもちろんの事、肌のハリを作るコラーゲン生成にも役立ちます。これから特に気になる紫外線対策にもなり、シミやソバカスも予防できます。あの苦いゴーヤですが、栄養的には素晴らしいですね。特にこれから夏にかけて重宝される野菜ではないでしょうか。ぜひ、生活に取入れてみましょう。